運営会社・著者情報|車買取シーク

著者

車買取シーク編集部車買取シーク 編集部Instagram
車買取シークは、2011年3月1日にサイトリリースしてから13年の実績があり、全国2,600拠点以上の車買取店情報を掲載しております。
編集部スタッフは車好きばかりで、国産車を中心に様々な車購入・売却経験をもとに、本サイト運営に活かしています。以下に一例をご紹介します!

車購入・売却体験談

  • トヨタ セリカ ST202(1990年代後半)新車で約220万円で購入。約3年間所有し走行距離約3万キロ。その間に1度、左前方をぶつけられる。車買取店アップルとガリバーで査定してもらい、査定額が15万円高かったガリバーに105万円で売却。
  • 日産 180SX 初期型(1990年代後半)日産中古車店で、6年落ちを約60万円で購入。約1年間所有したが、ドリフトのやり過ぎで外装キズだらけ&足回りガタガタ。購入した日産中古車店が一番高く買い取ってくれるかと思いきや、案外冷たかった。結果、前回同様に車買取店ガリバーとアップルで査定してもらい、少し高かったアップルへ15万円で売却。
  • 日産 フェアレディZ Z32(2000年代前半)日産中古車店で、当時貴重なツインターボのパールホワイトの3年落ちを約250万円で購入。若気の至りで読みが甘かったか、維持費の高さに首が回らず約10か月で売却。大手中古車店と車買取店アップル、ガリバーに査定依頼をし、ガリバーへ220万円で売却。
  • トヨタ サーフ 2代目N130(2000年代前半)スノボ全盛期に初のSUVを、トヨタ中古車店で7年落ち約50万円で購入。約3年間所有した間、フロントグリルを自作改造したりやりたい放題の結果、車買取店3社に査定に出したら、どこもまさかのゼロ円査定。5日間ほど放置したら地域密着系車買取店から再度連絡がきて、5万円で売却。
  • 日産 エルグランド E50(2000年代後半)地元中古車店で、6年落ちを約100万円で購入。約3年間所有し、次に購入する車も日産車だったため、初めて日産「ディーラー」に下取りへ。購入する車の価格とか値引きとか下取り価格とか、結局明確な下取り価格が最後までうやむやなままに。おそらく40万円くらいの下取り価格だったが、車買取店にも査定依頼すればよかったと後悔。
  • 日産 スカイラインクロスオーバー タイプP(2010年代前半)新車で約500万円で購入。スポーツカーとセダンとSUVをミックスさせたような車で、個人的に大好きだったが、一般受けされなかった車種。約3年所有し、売却時に初めて「一括査定」を利用し、車買取店5社が立候補。結局270万円でラビットに売却。他社と比べ査定額が40~70万円と一番差が出た車だった。
  • トヨタ チェイサー X100最終型(2010年代前半)昔乗りたかった車の1つで、セカンドカーとして10年落ち約30万円で購入。1年所有して大満足し一括査定。車買取店3社が立候補してくれて、予想通り全てゼロ円査定かと思いきや、カーセブンがまさかの10万円で買取。いまだに謎。
  • BMW 5シリーズ(2010年代後半)BMWディーラーで、3年落ち中古車を約500万円で購入。約5年間キレイに所有し、一括査定。車買取店8社が立候補してくれて、アビックスインポートに190万円で売却。一番安い査定額の買取店と50万円くらい差がついた。
  • トヨタ アルファード 3代目(2020年代前半)新車で約550万円で購入。2年ほど所有したが、街中でよく被るため飽きてしまい一括査定。車買取店7社が立候補。人気車なのと、コロナの影響による半導体不足からの新車供給が間に合わず、中古車人気の波もあって、ガリバーに約400万円で売却。他の車買取店との査定額の差がこれまでで一番少なかった。
というように、編集部スタッフは車一括査定を利用して、これまで車買取店へ上記以外にもたくさんの売却経験がありますが、同時にトラブル等もそこそこありました。
とはいえ、ディーラーに下取りするよりも、一括査定で車買取店に価格競争してもらった方が、高く売れる可能性が高いのは間違いありません。
そこで車買取シークは、これからも皆様に安心して愛車を一括査定して頂けるよう、これまでの車売却の経験・ノウハウをコンテンツとして惜しみなくご提供してまいります。